スパイスでめんどうな料理に刺激を!

ごはんのメニューを考えるのがめんどくさい。そもそも作るのもめんどくさい。
よくそういう声を聞く。
確かに私も、掃除や洗濯はかなりやる気に左右される。
しかしながら、料理に関してはとりわけ疲れているか体調が悪いときを除けばたいてい楽しくできる。たぶん、料理は好きなんだと思う。
しかも、揚げ物やハンバーグなど一般的には敬遠されるメニューを作るのが好きだ。

そんな私が最近ハマっているのがカレーである。カレーと言っても頭にすぐ浮かぶカレーライスではなく、スパイスで具材を煮込むインド式のカレーだ。
とは言ってもスパイスの知識があるわけではなく、その日の気分で数種類のスパイスを混ぜるだけなのだけど。
基本的なルールはひとつだけ。
ホール系のスパイスは低い温度の油でじっくり香りを出す。パウダー系は煮込むときに入れる。ただこれだけ。

香りを移した油で具材を炒めて、水とパウダースパイス、塩を入れて具材が柔らかくなるまで煮込む。最後に味をみて、塩を足す。ただこれだけで本格的なインド風カレーができちゃいます。
スパイスは入れすぎなければ大きな失敗をすることはないし、実験的にいろいろ試せるので遊ぶように料理ができるです。

スパイスのマジック、試してみてくださいな。